宮城のニュース

被災地を元気100倍に 女優・戸田恵子さん、仙台アンパンマンミュージアムで児童と交流

家族連れなどと記念撮影する戸田さん(中央)

 アニメや映画でアンパンマンの声を担当する女優の戸田恵子さんが5日、仙台市宮城野区の仙台アンパンマンこどもミュージアム&モールを訪れ、東日本大震災の被災地の子どもらと交流した。
 戸田さんはアンパンマンのステージ終了後にゲスト出演。「作者のやなせたかしさんは被災地のことをいつも気に留めていた。その遺志を継いで毎年、お正月に来ているが、逆に元気をもらっている」と語った。
 客席を回り子どもら約300人と写真撮影し「番組を1本でも1年でも長く続けたい。これからも応援してほしい」と呼び掛けた。
 戸田さんは6日も出演する。ステージは午前11時、正午、午後2時半からの3回。観覧には入館料1200円(税別)が必要。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月06日日曜日


先頭に戻る