宮城のニュース

<ベガルタ>MF梁勇基と契約更新、差波は退団

 J1仙台は5日、MF梁勇基(36)と来季の契約を更新し、J3富山に期限付き移籍していたMF差波優人(25)が契約満了で退団すると発表した。
 新シーズンで仙台16年目となる梁勇基は昨季、若手の台頭のため、リーグ戦出場が過去最少の14試合にとどまり、無得点。YBCルヴァン・カップは3試合、天皇杯全日本選手権は2試合に出た。
 差波は2016年に仙台に入団し、17年途中にJ3盛岡、昨季は富山に期限付き移籍した。昨季のリーグ戦は31試合出場3得点、天皇杯は2試合出場。クラブを通して「仙台で過ごした時間は有意義だった。素晴らしい思い出を胸に今後も頑張る」とコメントした。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2019年01月06日日曜日


先頭に戻る