宮城のニュース

<チャイルドライン>宮城の電話相談、児童虐待の53%が「性的」 17年度「これほど高いのは衝撃」

 全国統一ダイヤルで受け付ける子どもの電話相談「チャイルドライン」で、宮城県内から2017年度に発信された児童虐待の相談52件のうち、性的虐待が53.8%(28件)を占めたことが分かった。児童相談所が対応する事例では通常、性的虐待の割合はずっと低い水準にとどまっており、関係者は「これほど高いのは衝撃」と話している。
 児童虐待相談の内訳は円グラフの通り。通話が成立した宮城分の全1393件のうち、児童虐待について詳細を初めて調べた。
 NPO法人チャイルドラインみやぎ(仙台市)によると、性的虐待の被害者は主に小学生から高校生の女子で、特に中学生が多かった。加害者の多くは実父とみられる。被害者の大半が「誰にも話していない」と訴えるといい、相談できずに独りで悩むケースが多いことをうかがわせる。
 宮城県内の児童相談所が16年度に通告や相談を受けて対応した児童虐待1555件のうち、心理的虐待が54.0%(840件)で最も多く、身体的虐待27.3%(424件)、育児放棄18.1%(282件)と続いた。性的虐待は0.6%(9件)にとどまり、チャイルドラインとは対照的な傾向となっている。
 宮城を含む全国70団体が実施するチャイルドラインの電話相談は17年度、児童虐待1618件のうち最多の性的虐待が占める割合は31.5%。全国的に見ても半数を超えた宮城の多さが際立っている。
 チャイルドラインみやぎの小林純子代表理事は「児相は通告、相談があってから対応した件数。チャイルドラインは匿名が可能なため、多くの相談が寄せられたのだろう」と推測する。性的虐待は密室で起こり、被害者も周囲に言えないケースが多く実態は見えにくい。児相や電話相談で把握されるのは氷山の一角にすぎない。
 チャイルドラインは相談者に、対応する機関を伝えている。小林代表理事は「つらさ、苦しさを伝えたくて電話してくるのだろうが、救出につながっているか心配だ」と話した。
 チャイルドラインは(0120)997777。毎日午後4〜9時。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月07日月曜日


先頭に戻る