宮城のニュース

<石巻・旧北上川>高校生ら初漕ぎ 新年の活躍期す

穏やかな川面でオールの感触を確かめる参加者

 新春恒例の石巻北上川初漕(こ)ぎ会(石巻ボート協会、石巻カヌー協会主催)が2日、石巻市の旧北上川であった。
 61回目の今回は石巻高、石巻商高、石巻工高のボート部やカヌー部の部員とOBら約100人が参加。同市水明南の石巻旧北上川ボート場で神事を執り行い、一年の活躍を祈った。石巻ボート協会の高橋公治会長は「昨年は石巻勢がインターハイなど全国で活躍した。目標に向かってまい進してほしい」と激励した。
 この日は好天に恵まれ、参加者はボートを穏やかな川面に浮かべ、約1キロのコースに繰り出した。石巻高ボート部の小野寺大輝主将(17)は「安全に気を付け、目標のインターハイで成果を出せるよう練習を重ねたい」と抱負を語った。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月08日火曜日


先頭に戻る