秋田のニュース

<全国高校バレー>雄物川、昨夏の総体王者に力負け

 バレーボールの全日本高校選手権第3日は7日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで3回戦と準々決勝が行われ、男子の雄物川(秋田)は3回戦で西原(沖縄)を2−0で下したが、準々決勝で市尼崎(兵庫)に0−2で屈した。
 女子の3回戦で古川学園(宮城)は就実(岡山)に0−2で敗れ、盛岡誠桜(岩手)は鎮西(熊本)に1−2で負けた。これで東北勢は男女ともに全て姿を消した。
 男子は鎮西(熊本)清風(大阪)、市尼崎、洛南(京都)が、女子は金蘭会(大阪)八王子実践(東京)東九州龍谷(大分)下北沢成徳(東京)が12日の準決勝に進んだ。

=東北関係分 
 ▽男子3回戦

雄物川(秋田) 2 25−16 0 西原(沖縄)
          25−21
 ▽準々決勝
市尼崎(兵庫) 2 25−21 0 雄物川
          25−18
 ▽女子3回戦
就実(岡山) 2 25−23 0 古川学園(宮城)
         26−24

鎮西(熊本) 2 19−25 1 盛岡誠桜(岩手)
         25−18
         26−24

 男子3回戦で西原にストレート勝ちした雄物川は、準々決勝で昨夏の全国高校総体を制した市尼崎に力負けした。宇佐美監督は「力は及ばなかったが、よくここまではい上がった。練習してきたことは間違いではなかった」と選手をねぎらった。
 準々決勝は、打点の高いスパイクを軸に、状況に応じた変幻自在の攻撃、緩急のあるサーブに最後まで苦しめられた。エース栗田主将を中心とした積極的な攻撃も実らず、劣勢は覆らなかった。
 栗田主将は「全員で戦えたが、満足はしていない」と涙を拭った。卒業後は東北福祉大に進み競技を続ける予定で「もう一度、このような大きな大会で活躍したい」と今後の飛躍を誓った。


2019年01月08日火曜日


先頭に戻る