宮城のニュース

<涌谷町長選>現職大橋氏が出馬表明「初心に帰り町づくり」

大橋 信夫氏

 任期満了(8月30日)に伴う涌谷町長選で、現職の大橋信夫氏(69)は8日、町議会1月会議の冒頭、再選を目指して無所属で立候補することを表明した。同町長選への立候補表明は大橋氏が初めて。
 大橋氏は「子育て支援策の充実や玄米『金のいぶき』のブランド化を通した産業の創出など、初心に帰って魅力ある町づくりに努めたい」と述べた。
 大橋氏は涌谷町出身、小牛田農林高卒。1991年、涌谷町議に初当選し、2008年から4年間議長を務めた。15年の前回町長選で初当選した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年01月09日水曜日


先頭に戻る