福島のニュース

<福島第2原発>廃炉「スピード感持ち検討」東電社長、県知事と懇談

内堀知事(左)と懇談する小早川社長

 東京電力の小早川智明社長は8日、福島県庁で内堀雅雄知事と懇談し、福島第2原発の廃炉の正式決定に向けて「スピード感を持って検討する」と述べた。終了後の取材に「県内全基廃炉となり、財務的な課題も含めて社内で総合的に検討している」と説明した。
 小早川氏は懇談で「福島第1原発の廃炉を安全かつ着実に進め、地元に寄り添う復興支援に取り組む」と改めて強調。内堀知事は第2原発廃炉の正式決定や第1原発事故の被害者に対する柔軟な賠償を要望した。
 小早川氏は取材に、第1原発の汚染水の浄化後に残る放射性物質トリチウムを含む水の処分方法に関して「政府の小委員会から大きな方針が出るまでは(敷地内のタンクで)安全に保管するのが私たちの役割だ」と語った。


2019年01月09日水曜日


先頭に戻る