宮城のニュース

雪と強風で車輪空転、東北線に遅れ(9日)

 9日午後7時50分ごろ、宮城県白石市のJR東北線越河−白石駅間で、走行中の上り貨物列車の車輪が空転し、一時低速で運転した。JR東日本仙台支社によると、後続の仙台発福島行き上り普通列車(6両編成)が白石駅で停車するなどして約30分遅れ、約300人に影響した。同区間のレールが雪でぬれていた上、強風が吹いていたことが原因とみられるという。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月10日木曜日


先頭に戻る