宮城のニュース

吐息も真っ白凍える足元 仙台などで積雪・9日

銀世界を慎重に歩く人たち=9日午前8時20分ごろ、仙台市青葉区の台原森林公園

 宮城県内は9日、気圧の谷の影響で西部を中心に雪となった。仙台市青葉区の台原森林公園にも雪が降り積もり、市民が足元を気にしながら学校や職場に急いだ。
 仙台管区気象台によると、9日午後2時までの24時間降雪量は栗原市駒ノ湯21センチ、仙台市新川16センチ、大崎市川渡9センチ、仙台と石巻1センチ。
 各地の朝の最低気温は、駒ノ湯で氷点下6.1度、丸森で同4.8度、栗原市築館で同4.3度、仙台で同0.8度だった。日中の気温もあまり上がらず、仙台では最高が3.0度と最も寒い時期を下回った。
 積雪に伴うスリップ事故なども相次ぎ、県警によると8日午後6時〜9日午前8時、県内でスリップ事故が25件発生した。
 10日は曇りや晴れで、西部では夕方から夜のはじめにかけて雨や雪の降るところがある見込み。予想最高気温は仙台8度、白石7度。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月10日木曜日


先頭に戻る