宮城のニュース

黄色いロウバイ 冬の華 仙台の冷え込み緩む

甘い香りを漂わせるロウバイの花=仙台市泉区友愛町

 宮城県内は10日、気圧の谷の接近に伴い南から暖かい空気が入り込み、朝の冷え込みが緩んだ。仙台市泉区友愛町の駒板信夫さん(76)方では、ロウバイの黄色い花が見頃を迎えている。
 仙台管区気象台によると、各地の最低気温は丸森2.3度、女川町江ノ島1.9度、栗原市築館1.7度、仙台1.4度。3月上旬から4月上旬の気温だった。
 ロウバイは寒さの厳しい冬に咲き、2月上旬まで楽しめる。駒坂さんは「冬晴れの空には、ろう細工のような花びらが映えるんですよ」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月10日木曜日


先頭に戻る