宮城のニュース

一年の願い、どんと込め 石巻・大島神社

正月飾りが燃え上がり、参拝客が無病息災や家内安全を祈った

 小正月の伝統行事「どんと祭」が7日、石巻市の大島神社などであり、参拝客が御神火の前で無病息災や家内安全を願った。
 旧北上川の復旧工事のため、住吉公園前の社殿から約50メートル先に移した鐘楼近くにたき上げ場を設けた。午後4時ごろに点火されると、山積みになったしめ縄や繭玉が勢いよく燃え上がった。
 同市東中里2丁目の無職黒沢稔さん(79)は「正月の区切りとして、毎年来ている。家族が健やかに過ごせるように願った」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月13日日曜日


先頭に戻る