宮城のニュース

<楽天>浅村が自主トレ公開 ロングティーで鋭い打球次々「昨年以上やる」

ティー打撃に取り組む浅村

 西武からフリーエージェント(FA)で東北楽天に加入した浅村が12日、愛媛県今治市内で自主トレーニングを公開した。昨季パ・リーグの打点王に輝き、新天地でも大活躍が期待される。「昨年以上にやってやるという気持ちを強く持っている」と力を込めた。
 浅村は5年ほど前から今治西高出の熊代(西武)と同市で自主トレを行っている。今年は5日に始動。12日は呉念庭(西武)を含む3人でティー打撃などに取り組んだ。
 「体全体でスイングすることを心掛けた」というロングティー打撃では、フェンスすれすれの鋭い打球を飛ばし続けた。大物スラッガーは、「メニューは毎年同じ。けがをしないように体幹を中心に鍛える」とペースは崩さず、自然体の調整に努めている。
 2月の春季キャンプを前に「楽しみの方が大きいが、今までとは違ったプレッシャーを感じている」と語る一方で、「流れが分からないが、自分が今までやってきたことをやれば大丈夫」と冷静に話す。
 期待される若手への指導に関しては「聞かれたことは教えたい。自分も(現巨人の)中島さん、栗山さん、中村さんに聞いてきた。来年の自主トレを一緒にやりたいという希望があれば大歓迎」と声を弾ませた。
 昨季達成した打率3割、30本塁打、100打点を今季も目指すが、「自分の成績よりもチームへの貢献の方が大事」。打線のキーマンはフォア・ザ・チームを誓った。(狭間優作)


2019年01月13日日曜日


先頭に戻る