広域のニュース

<全国高校サッカー>青森山田決勝へ 尚志3発、届かず

 サッカーの全国高校選手権第6日は12日、埼玉スタジアムで準決勝2試合が行われ、2大会ぶり2度目の優勝を狙う青森山田、前回準優勝で11大会ぶり2度目の頂点を目指す流通経大柏(千葉)が決勝に進んだ。
 青森山田は尚志(福島)との東北勢対決を3−3からのPK戦で制した。7大会ぶりに4強入りした尚志は、福島県勢初の決勝進出を逃した。
 流通経大柏は瀬戸内(広島)を5−0で退けた。決勝は14日午後2時5分から埼玉スタジアムで行われる。

 ▽準決勝

青森山田 3/0−1/3 尚志(福島)
       3−2
    (PK4−2)
▽得点者【青】檀崎(PK)三国、小松【尚】染野3

◎小松、同点ゴール

 【評】青森山田は終盤に追い付く粘りが実った。2−3の後半42分、途中出場の小松が相手のクリアボールを拾ってそのまま押し込み同点。PK戦ではGK飯田が好判断で4人目のキックを止めた。尚志は染野がハットトリックと活躍したが、逃げ切りに失敗した。


2019年01月13日日曜日


先頭に戻る