宮城のニュース

<楽天>高梨が自主トレ公開「結果残す」 チェンジアップ精度向上に意欲

投球練習に励む高梨。今季も貴重な中継ぎとして期待されている

 東北楽天の高梨が13日、神奈川県内で自主トレーニングを公開し、プロ2年間の公式戦で一度も使っていないチェンジアップの精度向上に意欲を示した。「まだまだ野球がうまくなると思っている」。昨季、球団新記録となる70試合に登板した変則左腕は、新球を武器にチームを常勝に導く決意を示した。
 契機は、日本代表として招集された昨年11月の日米野球。チームの役割と同様に左打者の抑えを任されると思ったが、相手のメンバーは右打者ばかりがそろっていた。「火だるまになるのを恐れた」と慌てて同僚の松井にチェンジアップの投げ方を聞いて、右打者7人に1安打無失点と好投した。
 実は2年目の昨季、阪神とのオープン戦で江越にこの球を初めて投げたが、本塁打にされた。「その時は使いものにならなかったが、今は感触をつかめている。今年は(オープン戦で)打たれてもどんどん使う。中学の時から投げたかった球でもある」と言葉に力を込めた。
 昨季は反省すべき点もあった。シーズン序盤、なぜか下半身の重心が軽くなる感じがあり、球威が落ちた。防御率は一時2桁まで悪化。「(変則の)フォームに変えてから3年たっていない。体重移動する場所と感覚をとても意識している」。13日は捕手を座らせた状態で今年初めてマウンドで投げ、下半身の動き方を念入りに確かめた。
 昨季は1勝4敗1セーブ、防御率2.44で16ホールドをマークした。今季の目標は「けがをせずに、任せられたところで結果を残す」と明確だ。「3年やって一人前と言われる世界。55〜60試合の登板と、20ホールドを頭に入れて頑張りたい」と気合を入れた。(狭間優作)


2019年01月14日月曜日


先頭に戻る