秋田のニュース

メキシコ産マグロを国内産と偽装 横手の水産卸会社

 秋田県横手市の水産卸会社「横手水産物地方卸売市場」は13日、メキシコ産クロマグロを国内産と偽り、2017年8月〜18年3月、秋田県南部のスーパー1店舗に計52回販売していたことを明らかにした。
 同社によると、計3230キロを納入し、約1000万円を売り上げた。メキシコ産は国内産に比べて2〜3割安く、当時の担当者の独断で「国内産」と書き換えて出荷したという。スーパーから産地証明書を求められて発覚。担当者は自己都合で退職した。
 和泉健一社長は「とんでもないことで本当に申し訳ない。チェック体制を強化し、再発防止に努める」と陳謝した。


関連ページ: 秋田 社会

2019年01月14日月曜日


先頭に戻る