福島のニュース

<郡山・医師死亡>殺人容疑で次男送検へ

 郡山市並木3丁目の医師乾裕昭さん(69)が自宅で首を絞められ死亡した事件で、郡山署は13日、司法解剖の結果、死因が窒息死だったと発表した。同署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した自称無職の次男誠悟容疑者(34)を殺人容疑に切り替えて送検する方針。
 逮捕容疑は12日午後5時ごろ、自宅で父の裕昭さんの首を絞めて殺害しようとした疑い。家族に止められたが、裕昭さんは搬送先の病院で死亡が確認された。
 裕昭さんは「乾マタニティクリニック」の院長で、不妊治療の第一人者として知られていた。


関連ページ: 福島 社会

2019年01月14日月曜日


先頭に戻る