広域のニュース

<成人式>未来へ、復興へ 二十歳の門出 東北各地で成人式

あでやかな振り袖姿で、友人たちと記念写真を撮る新成人=13日午後1時ごろ、仙台市太白区の市体育館

 平成最後となる14日の成人の日を前に、東北各地で13日、成人式が行われた。振り袖やスーツに身を包んだ新成人は、大人としての第一歩を踏み出した。
 東日本大震災の発生当時は小学6年生で、卒業間近で災禍を経験した新成人。津波や東京電力福島第1原発事故の被災地では、亡くなった友人らへの思いを胸に、若者たちが復興の一翼を担う決意を新たにした。
 仙台市の成人式には約6900人が来場した。震災の犠牲者に黙とうをささげた後、地元の合唱団や音楽家ら約120人が歌や演奏を披露し、二十歳の門出を祝った。新成人の代表は「挑戦することを忘れず、力強く生きていく」と誓った。


関連ページ: 広域 社会

2019年01月14日月曜日


先頭に戻る