広域のニュース

<石巻こけし>若者の街で笑顔に 東京・渋谷で絵付け体験会

真剣な表情でこけしの絵付けに取り組む参加者

 宮城県石巻市中心部の商店街活性化につなげようと考案された「石巻こけし」の絵付け体験会が、東京・渋谷の東急百貨店渋谷駅・東横店で開かれている。
 石巻こけしは市中心部の立町大通り商店街で呉服店を営む林貴俊さん(44)が考案。海をイメージした青色が基調のデザインで、2015年に店内にこけし工房「ツリーツリー石巻」を開設した。
 体験会は12日始まり、訪れた買い物客らが林さんの助言を受けながら、思い思いのオリジナルこけしを仕上げている。林さんは「首都圏の皆さんが石巻とつながるきっかけになるとうれしい」と話した。
 中小企業基盤整備機構(東京)が主催する販路開拓支援の物産展「みちのく いいもん うまいもん」のブースで14日まで開かれる。


関連ページ: 広域 社会

2019年01月14日月曜日


先頭に戻る