宮城のニュース

超高金利融資で3人逮捕へ 仙台の貸金業者が出資法違反容疑

超高金利で融資した疑いが持たれている共栄ファイナンスの店舗

 超高金利で融資したとして、宮城県警生活環境課と泉署は15日、出資法違反などの疑いで、仙台市泉区南光台5丁目の貸金業「共栄ファイナンス」社長の男(57)=仙台市太白区=と従業員の女2人を逮捕する方針を固めた。
 捜査関係者によると、3人は共謀し2018年3〜5月、青葉区の印刷業の男性(46)に借用証書を交付せず、法定上限の9倍に当たる年利184%で100万円を、17年12月〜18年1月には兵庫県尼崎市の内装業の男性(52)に法定上限の10倍の年利215%で70万円を、それぞれ貸し付けた疑いが持たれている。
 同社は利息分などとして2〜3割天引きして融資した結果、超高金利での貸し付けになったという。13年1月〜18年7月、資金繰りに悩む全国30都道府県の150業者に約17億7000万円を貸し、約5億3000万円の利息を得たとみられる。
 県警は18年7月、同社事務所を家宅捜索して関係資料を押収し、借り主などから事情を聴いていた。同社は1991年に県知事の登録を受けた正規の業者。県警は同社が03年ごろから違法な金利で融資を始めたとみて調べる。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月15日火曜日


先頭に戻る