宮城のニュース

<どんと祭>国内外から寄せられた黄色いハンカチ、感謝込めおたき上げ 宮城・山元の坂元神社

国内外から寄せられたハンカチを御神火にくべる住民=14日午後5時20分ごろ、山元町の坂元神社

 東日本大震災で被害を受けた住民を励まそうと国内外から宮城県山元町に寄せられた黄色いハンカチ約8000枚が14日、同町の坂元神社のどんと祭でおたき上げされた。「笑顔があふれる東北になりますように」「困った時はお互いさま」などと書かれた一枚一枚を住民が御神火にくべた。
 ハンカチはボランティアガイド「やまもと語りべの会」や住民組織「やまもと子どもも大人もみんなで遊び隊」などでつくるプロジェクトが募集。中学校などに掲揚している。今回、風雨で傷んだ分をおたき上げした。
 プロジェクトの吉田和子さん(57)は「いまだに寄せられるたくさんの気持ちをみんなで力にしていきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年01月15日火曜日


先頭に戻る