岩手のニュース

岩手県南のマラソン大会が台湾と初連携

 岩手県の県南8市町と県県南広域振興局でつくる県南広域圏スポーツ等連携事業実行委員会は、昨年に続いて今年も地元マラソン大会の連携企画「県南レジェンドランナーズ」を展開する。県南で開催される9大会に加え、新たに3月10日に台湾である「台北国道マラソン」も対象とした。
 参加者には完走回数に応じた特典があり、8大会以上で完走すると「ゴッドランナー」の称号とTシャツが贈られる。特設ホームページや各大会当日に設ける専用コーナーで申し込む。参加無料。
 花巻市の花巻空港と台北を結ぶ国際定期便が昨年8月に就航したのを受けて台湾とも連携する。定期便の利用者増とともに、県南広域振興局は「マラソンを切り口に相互交流をさらに広げたい」としている。
 昨年は岩手、宮城を中心に20都道府県から計1263人がエントリーした。58人がゴッドランナーになった。連絡先は県南広域振興局企画推進課0197(22)2812。


関連ページ: 岩手 社会

2019年01月15日火曜日


先頭に戻る