秋田のニュース

インフルで入所者2人死亡 秋田・羽後の特養施設

 秋田県羽後町の特別養護老人ホーム「松喬苑(しょうきょうえん)」は14日、入所者と職員の計53人がインフルエンザに感染し、このうち入所者の80代の男性2人が死亡したと発表した。
 施設によると、1日に入所者1人が体調不良を訴え、翌2日にインフルエンザA型と診断された。その後、施設内で感染が広がり、9日に男性が心不全で死亡。もう一方の男性は感染が判明した後に入院し、14日に呼吸不全で亡くなった。
 施設は入所者との面会を当面禁止し、新たな受け入れも中止している。


関連ページ: 秋田 社会

2019年01月15日火曜日


先頭に戻る