宮城のニュース

入管法違反疑い クラブ経営者ら2人逮捕 仙台・国分町

捜査員に連行される小林容疑者(右)=16日午後11時20分ごろ、仙台市青葉区国分町2丁目

 仙台中央署などは16日夜、入管難民法違反(不法就労助長、無許可資格外活動)の疑いで、仙台市青葉区国分町2丁目のクラブ「中国クラブ」経営の小林瑛容疑者(56)=青葉区小田原6丁目=と中国籍の従業員周可容疑者(40)=同区小田原8丁目=を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、小林容疑者は同日午後10時ごろ、「技術・人文知識・国際業務」の資格で在留する周容疑者を同店で違法に働かせた疑い。周容疑者は資格外活動の許可を得ずに同店で働いた疑い。
 小林容疑者は「在留資格を確認していなかった」と容疑を認め、周容疑者は「店で働けないとは知らなかった」と一部否認しているという。
 同署などは小林容疑者が周容疑者を雇用した経緯や、同店で他に不法就労していた従業員の有無などを調べる。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月17日木曜日


先頭に戻る