岩手のニュース

温泉プールでSUPを体験 岩手・西和賀児童ら参加

屋内プールでSUPを体験する参加者

 岩手県西和賀町の湯本屋内温泉プールで14日、水上ボートを使う「スタンド・アップ・パドルボード(SUP)」の体験会があった。
 豪雪地帯でも冬に運動できるように、町水泳協会とSUPの水上遊覧を展開する「SPICE(スパイス)」(北上市)が初めて企画。参加者はボードの上でパドルをこいだり、体を動かしたりして汗を流した。
 湯田小5年の佐川楼磨君(11)は「最初は立つときにぐらぐらしたけど後半は慣れて安定した。今度は川で体験したい」と話した。
 指導したスパイスの佐藤幸枝さん(41)は「屋内プールは天候に左右されず、初心者でも気軽に楽しめる。春以降に自然の中でSUPに親しむきっかけにしてほしい」と期待する。
 体験会は今後、3月3日まで4回開催する予定。料金は1人3200円。連絡先はスパイス080(6002)5431。


関連ページ: 岩手 社会

2019年01月17日木曜日


先頭に戻る