宮城のニュース

<ベガルタ>石原直「戦える体に」 糸満キャンプ、体調不良の3選手合流

キャンプに合流し、トレーニングをする石原直(右)と長沢(左端)

 J1仙台は沖縄県糸満市での1次キャンプ第4日の17日、西崎運動公園陸上競技場で午前のみ約1時間、戦術練習を行った。最終ラインからパスを回し、相手DFの裏を突いてシュートを狙う意識を高めた。体調不良で出遅れていたFW石原直と長沢、MF吉尾が合流した。
 激しい雨が振る中、4日遅れで加わった3人が元気に練習参加。石原直と長沢は果敢にシュートを狙い、吉尾も積極的にボールを動かした。
 新加入の2人は前向き。横浜Mから移籍した吉尾が「キャンプは長い。遅れを取り戻せるように頑張る」と決意。前G大阪の長沢は「練習を積めばフィジカルは上がってくる。早くみんなとなじみたい」と意欲を燃やす。経験豊富なエースの石原直も「戦える体をつくり、多く入れ替わった仲間としっかりコミュニケーションを取りたい」と完全復帰へ焦りはない。
 日本代表でアジア・カップに出場中のGKシュミットを除いて顔ぶれがそろった新生ベガルタ。渡辺監督は「一緒にピッチに立てたのはうれしいこと。ゲーム形式の練習に復帰できれば『いよいよ』という思いになる」と喜んだ。


2019年01月18日金曜日


先頭に戻る