宮城のニュース

<杜の都のチャレン人>年齢重ねた美を追求

はつらつとした様子でウオーキングの指導をする金沢さん(中央)=仙台市青葉区のスタジオ

◎シニアモデルのショーを開催 金沢キミ子さん(79)

 「年齢を重ねた人ならではの美しさを引き出し、シニア世代が明るく生きられるお手伝いをしたい」。しゃんと背筋を伸ばし、さっそうと歩く姿からは優美な雰囲気が漂う。
 仙台市のシニアモデルの代表格だ。21歳で結婚し、同市内で夫妻で画廊を経営する傍ら、44歳でモデルデビューした。「スカウトだったが、自分がモデルになるなんて青天のへきれきでした」。その後はテレビコマーシャルへの出演や講演などで活躍している。
 2007年秋に、シニア世代を対象にウオーキングなどを教える「うきうきライフ」を設立。ポーズの取り方や歩き方、魅力的な表情の作り方などを指導している。現在の受講生は30〜80代の約40人。「背筋と一緒に心も整えてほしい。若い人も歓迎です」と話す。
 08年から毎年、仙台市内で受講生らによるファッションショーを開催。昨年はおしゃれに着飾った約40人が出演し、喝采を浴びた。「家事や子育てに追われてきた女性は多い。そんな女性が美しくなり、主役となれる場があればと思った」と説明する。
 病気や介護、配偶者の死…。人生の試練に直面した受講生も少なくない。自らも11年10月に夫を亡くした。「いろんな事情を抱えながらも、舞台に立つことを生きがいにしている人も多い。ずっと続けていきたい」と語る。
 「老境に入っても美しく、生き生きとしていたい」。こう願う女性のお手本のようだが、エステに行ったり、特別な化粧を施したりはしていない。
 座右の銘は「ひたすらに」。「その時、その時を一生懸命に生きていれば、内面から美しさがにじみ出てくると思う。また、何歳になっても人から必要とされる人でいたい。人は字のごとく支え合って生きている。私も支えてくれる人に感謝し、生涯現役でいたい」
(ぬ)

[かなざわ・きみこ]1939年仙台市生まれ。尚絅学院高卒。青葉区在住。レッスンの場所は青葉区中央4の9の8、渡辺ビル2階。月3回(月曜日午後1〜2時、1回でも可、有料)。連絡先は金沢さん090(2959)7284。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月19日土曜日


先頭に戻る