秋田のニュース

「ボタニカルの味わい」 秋田初の「クラフトジン」限定1000本発売へ 

秋田初のクラフトジン「アキタ クラフト 美 ジン」

 オエノンホールディングス(東京)グループの秋田県醗酵工業(湯沢市)は30日、秋田で初めてのクラフトジン「アキタ クラフト 美 ジン」を1000本限定で発売する。
 500ミリリットル入りの瓶タイプでアルコール度数は40度。商品名は「クラフトジン」と「秋田美人」を掛け合わせた。オープン価格となり、全国のスーパーなどが取り扱う。
 ジンの特徴である原料のボタニカル(草根木皮)には、秋田県産のコメとフキノトウ、キクイモなどを使った。フキノトウのほろ苦さとキクイモのまろやかな風味に加え、コメのうま味を感じられる商品に仕上げた。
 瓶にはフキノトウとキクイモの花、稲穂の絵柄をあしらった。同社の担当者は「冷やしてストレートやロックで飲むと、ボタニカルの味わいを堪能できる」とPRする。連絡先はオエノングループお客様センター047(705)7790。受付時間は土日祝日を除く午前9時〜午後5時。


関連ページ: 秋田 経済

2019年01月19日土曜日


先頭に戻る