秋田のニュース

<秋田県警>飲食店でけんか 3警察官を処分 

 秋田県警は18日、交番勤務の警察官が飲食店でつかみ合いになり、店内の備品を壊したとして、五城目署の60代の男性警部補を本部長訓戒、50代の男性巡査部長を所属長訓戒、別の50代の男性巡査部長を本部長注意としたと明らかにした。処分は昨年12月27日付。男性警部補は同日付で依願退職した。
 県警監察課によると、昨年11月22日午後9時半ごろ、秋田市の飲食店で、たばこについて注意された巡査部長が腹を立てて別の巡査部長につかみ掛かり、もみ合いになり掛け軸や食器を壊した。警部補は責任者でありながら、けんかを制止できなかった。
 県警は同席していた他の警察官5人を口頭厳重注意とした。


関連ページ: 秋田 社会

2019年01月19日土曜日


先頭に戻る