福島のニュース

給食でアナフィラキシー 伊達市

 福島県伊達市は18日、市内の小学校の児童が9日に給食を食べた後、アレルギーによるアナフィラキシーで腹痛や嘔吐(おうと)などの症状を起こしたと発表した。児童は医療機関で点滴治療を受けて回復した。市学校給食センターによると、「卵白」が含まれていた「いちごもち」が原因。児童は「鶏卵」のアレルギー疾患があったが、納品業者からの記載漏れがあり、保護者に配布した給食の成分表などに含まれていなかった。


関連ページ: 福島 社会

2019年01月19日土曜日


先頭に戻る