宮城のニュース

<輝け若ワシ>渡辺佳明内野手/チームの「便利屋」に

「万能型」の特長を生かそうと練習に励む渡辺佳

 東北楽天に育成を含めて投手6人、野手4人の成長が楽しみな新人選手が入団した。プロで輝きを放つことを誓い、第一歩を踏み出した若ワシたちを紹介する。

 内野全てのポジションをこなせ、打撃技術も優れる万能型だ。「言葉がいいか分からないが、チームの『便利屋』になりたい」。プロで生き抜くための明確なビジョンを既に持っている。
 祖父は神奈川・横浜高を5度の全国制覇に導いた名将元智氏。幼少期から同校の寮で過ごし「物心ついた時から野球が生活の一部だった」。小学2年で本格的に野球を習い始めた。
 「地域で一番うまかった」と自負する少年は、高校進学の際に現実を知った。当然のように横浜高を目指したが、祖父に「お前のレベルではユニホームは着られない」と一蹴された。
 他校に入って横浜高を倒すことも考えたが「プライドが許さなかった」と横浜高を受験して入学。高浜(日本ハム)や浅間(同)ら実力が抜き出た同学年のチームメートに負けじと努力を重ね、甲子園出場を果たした。
 明大でも高い向上心を維持し続け、流し打ちと三振の少ない打撃技術を身に付けた。昨秋の東京六大学リーグでは首位打者と遊撃手のベストナインを獲得した。
 手本にするのは銀次。「ずっと尊敬していて目標にもしている。バットコントロールの技術についてアドバイスを受けたい」と話す。
 実家の壁など至る所に、祖父の人生訓が掲げられている。座右の銘はその中の一つである「人生の勝利者になれ」。「小学時代から言われてきた。いつか球場に来た祖父の目の前で活躍したい」。持ち前の努力でレベルアップに励み、勝利者に駆け上がる。(狭間優作)

[わたなべ・よしあき]ドラフト6位。1997年1月8日生まれ。神奈川県出身。180センチ、79キロ。右投げ左打ち。横浜高−明大。背番号48。


2019年01月20日日曜日


先頭に戻る