宮城のニュース

野球の楽しさ感じて 七十七銀が宮城県立利府支援学校で指導

投球体験で的当てを楽しむ生徒

 七十七銀行と県立利府支援学校の野球交流会が18日、利府町の同校体育館であった。同行野球部員とOB計10人が訪れ、中学部3年の21人に投球や打撃を体験してもらった。
 交流会は同校講師の安井大悟さん(30)が同行野球部OBだったことが縁で、野球の楽しさを感じてもらおうと昨年から始まった。
 ユニフォーム姿の野球部員がキャッチボールを披露した。生徒は3班に分かれ、プラスチック製のボールやバットを使い、的に当てる投球やトスバッティングなどに挑戦。うまくいくと選手とハイタッチして笑顔が広がった。
 生徒は「打つのが楽しい」「気合を入れて野球を頑張った」と声を弾ませた。初参加の同行野球部主将清野友仁(とものり)さん(31)は「予想以上にうまくて、元気をもらった」と話した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2019年01月21日月曜日


先頭に戻る