岩手のニュース

インバウンドを地方へ 台湾の人気ブロガーに北東北観光PR

漆器工房の関係者(右)から説明を受ける台湾のブロガー

 会員制交流サイト(SNS)で北東北観光の魅力を発信してもらおうと、JR東日本盛岡支社と岩手県二戸市が台湾の人気ブロガー4人を地元に招いている。二戸など北東北観光のモデルコースを企画し、16〜20日の日程で巡ってもらう。
 18日は二戸市浄法寺町の漆器工房「滴生舎」を訪ね、漆塗り職人の作業を見学したり商品のつや出し作業を体験したりした。岩手県雫石町の小岩井農場や青森市の八甲田山も訪れる。
 JR盛岡支社が自治体と連携して外国人旅行者向けツアーを企画するのは初めて。花巻空港(花巻市)と台北を結ぶ国際定期便が昨年8月に就航したのを受け、台湾からの旅行者増加に着目した。
 JR盛岡支社の内川秀人観光推進室長は「ホームページに中国語表記がないなどの課題が分かった。各自治体と受け入れ態勢の整備を進めたい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2019年01月20日日曜日


先頭に戻る