山形のニュース

<かみのやま温泉IC>隣接産業団地の立地企業募る 山形県上山市、高速環状線の利便性訴え

 山形県上山市は、本年度内に開通する東北中央自動車道南陽高畠−山形上山インターチェンジ(IC)間にできるかみのやま温泉IC隣接地に整備する「かみのやま温泉インター産業団地」の立地企業を募っている。
 南東北3県の県庁所在地が東北、山形、東北中央の各自動車道による「高速環状線」で結ばれる利便性を訴え、自動車関連や地元農産物を生かした食品などの企業誘致を目指す。
 総面積約6.2ヘクタールのうち、1期分約3.1ヘクタールを分譲し、2021年1月以降に引き渡す。分譲価格は1平方メートル1万4300円。用地取得費の最大50%助成、市民の新規雇用への助成、土地と建物への固定資産税の3年間課税免除といった優遇措置がある。連絡先は市商工課023(672)1111。


関連ページ: 山形 経済

2019年01月20日日曜日


先頭に戻る