山形のニュース

<小野川温泉>かまくら村オープン ラーメンの出前も頼めます

かまくらの中で出前の米沢ラーメンを味わう来場者

 山形県米沢市の奥座敷、小野川温泉街に19日、恒例のかまくら村がオープンした。観光客に休憩所として開放するかまくらの中では、近くの飲食店に米沢ラーメンや定食、地酒を注文でき、初日から舌鼓を打つ人々でにぎわった。
 温泉街中心部の広場に、直径5メートル、高さ3メートルほどのかまくら計3基が設置された。大人が5人ほど入れる内部のスペースにテーブルといすが置かれ、利用者は独特の雰囲気で食事などを楽しめる。
 今年は昨年より降雪量が少ないが、温泉関係者たちが5日間でかまくらを完成させた。小野川温泉観光協議会の佐藤雄二会長は「今年も多くのお客さんに楽しんでいただきたい」と話している。3月上旬まで。
 連絡先は小野川温泉旅館組合0238(32)2740。


関連ページ: 山形 社会

2019年01月20日日曜日


先頭に戻る