宮城のニュース

<NPOの杜>予防ケアで外出に自信を

 年齢を重ねるとそれまでなかった体の不調に悩まされるものです。失禁、頻尿など排せつの不具合もその一つ。年配者に限らず、出産を経験した多くの女性も悩む問題です。
 衣服の汚れやにおいが気になり、自信をなくし、人と話したくないと家に閉じこもりがちになる。そして足腰の筋肉が弱って尿漏れを起こす原因になる、と悪循環です。
 最近では吸水パッドなどの尿漏れケア用品が多種ありますが、特に男性には認知度が低く、安価な女性用生理用品を使用して皮膚疾患になる、自分に合ったケア用品の選び方や使い方が分からない、使うこと自体に抵抗があるなど、悩みは尽きません。
 そこで、「私らしく今まで通りの生活を続けられるように」と尿漏れについての講話や失禁予防体操をする失禁予防教室を開催している団体が「らしく+(プラス)」です。恥ずかしくて誰にも相談できない事も、同じ悩みを持つ仲間が集まると大いに話が盛り上がり、予防ケアに前向きに取り組んでパッド要らずになった人もいます。この教室を開催できる人を地域で増やしていくことが団体の今年の抱負です。https://www.facebook.com/lasiqu.plus/
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 小野寺真美)


関連ページ: 宮城 社会 NPOの杜

2019年01月21日月曜日


先頭に戻る