宮城のニュース

<楽天>2018年シーズンの宮城県内への経済効果217億円 減少するも過去2番目の高さ

 宮城県は、プロ野球東北楽天の2018年シーズンの県内における経済効果を約217億円と試算したと発表した。レギュラーシーズンで過去最高だった17年の約225億円より約8億円減ったが、過去2番目に高い水準だった。
 1試合当たりの経済効果は3億1000万円。入場料やグッズの売り上げなどの直接効果は前年比1億円減の138億円。球場外の買い物や宿泊などに伴う各産業への波及効果は7億円減の79億円だった。
 年間の観客数は1万1362減の165万8347、1試合平均は1265減の2万4034だった。レギュラーシーズンで、共に17年に次いで2番目に多かった。入場料や交通費などを含めた観客1人当たりの消費額(日帰り客)は135円増の7378円となった。
 チームは18年、リーグ最下位に沈んだが、球団はこれまで、スタンド増設や観覧車設置など積極的に投資してきた。
 県オリンピック・パラリンピック大会推進課の担当者は「成績が落ちても、観客数はそれほど落ちなかった。球団のボールパーク構想がファンに根付いてきたのではないか」と分析した。


2019年01月21日月曜日


先頭に戻る