秋田のニュース

<インフル集団感染>秋田・羽後町の特養ホーム 死者は4人に

 秋田県などは20日、インフルエンザの集団感染が発生した羽後町の特別養護老人ホーム「松喬苑(しょうきょうえん)」で、新たに入所者の90代の女性が死亡したと発表した。死者は計4人となった。
 県や施設によると、女性はインフルエンザA型と診断されて入院し、19日に肺炎で亡くなった。施設では今月、入所者と職員計56人の集団感染が判明し、9〜14日に入所者の80代の男女3人が死亡した。


関連ページ: 秋田 社会

2019年01月21日月曜日


先頭に戻る