山形のニュース

「公益のまち」看板倒れ? 酒田市、本間家ゆかりの施設活用策示せず

長期休館の続く光丘文庫の建物

 「公益のまち」を自任する酒田市で、「公益の祖」と称される江戸期の豪商本間光丘(みつおか)(1732〜1801年)ゆかりの市の図書施設「光丘(こうきゅう)文庫」の建物が利用されずに放置されている。2017年に所蔵資料を移して長期休館に入って以降、利用のめどの立たないまま立ち入り禁止が続く。市は「活用策を検討中」と強調するが、具体的な進展は見られない。

 光丘文庫は1925(大正14)年、本間家8代当主光弥が蔵書2万冊や土地、建物、維持費を提供し、酒田港脇の高台の公園周辺に完成した。
 3代当主光丘が、最上川の渡し場に寺院と経蔵の建設を申し出たが、江戸幕府の新寺建立禁止令で果たせず、その遺志を継いだ宿願の事業だった。光丘は砂防林整備などを進めた功績から「公益の祖」と呼ばれる。
 建物は酒田初の鉄筋コンクリートブロック製。2階建ての社殿造りの本館と3階建ての書庫から成り、家具や室内装飾と合わせて市の指定文化財になっている。蔵書は酒田の旧家や山形県内陸部の紅花商人からも寄贈があり、県と市の指定文化財を含めて約7万冊に上るという。
 市は58年に蔵書や建物の寄付を受け、市立図書館として引き継いだ。建物は82年に市立光丘文庫と改称して図書館分館として使ったが、老朽化に伴い、市が2017年に所蔵資料を別の場所に移転させて休館にした。
 市は所蔵資料の一部をデジタル化し、昨年12月にインターネットで公開した。一方、建物の先行きについては未定としたが、市民からは活用を急ぐよう求める声が出ている。
 酒田市は「公益のまちづくり条例」を07年に制定し、「公益のまち」の象徴的存在として光丘を掲げている経緯がある。
 丸山至市長は「金も時間もかけずにできる活用法を検討している。酒田市は本間家に冷たい扱いをずっとしてきて、光丘文庫はその最たるものだ」と話す。
 酒田市では、映画「おくりびと」のロケ地で、市が飲食店に改修して再開させる旧割烹小幡(かっぽうおばた)の建物について、運営希望者の公募が昨年末、不調に終わった。こうした事情も光丘文庫の建物活用への期待を加速させているようだ。


関連ページ: 山形 政治・行政

2019年01月21日月曜日


先頭に戻る