福島のニュース

<都道府県対抗男子駅伝>福島V 平成最後の大会で東北勢初優勝

 第24回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、福島が2時間19分43秒で、平成最後の大会で東北勢として初の優勝を果たした。
 前回大会まで東北勢は3度2位になっており、福島が1999年と2010年、宮城が15年に頂点まであと一歩と迫っていた。
 福島は序盤から上位争いに加わり、5区で首位に立った。6区で群馬にかわされたが、最終7区で東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)で東洋大の往路優勝に貢献した相沢(福島・学法石川高出)が25秒差の2位でたすきを受けた。相沢は首位に躍り出て、そのまま駆け抜けた。
 3区で塩尻(順大)が区間賞の快走を見せるなどした群馬が過去最高の2位に入り、7度の優勝を誇る長野が3位。地元の広島が4位、2連覇を目指した埼玉は17位にとどまった。
 福島以外の東北勢は宮城が12位、岩手が19位、秋田が29位、山形が31位、青森が41位だった。

◎最終区で逆転
 【経過】福島が最終区で逆転した。安定した走りで1〜4区まで上位を堅持し、5区の松山が首位を奪取。6区の宍戸も2位と踏ん張り、7区で相沢が群馬を中盤すぎに一気に抜いて、25秒差をひっくり返した。群馬は3区と6区で区間賞と快走したが、アンカーの牧が失速して2位。長野は堅実な走りで3位に入った。連覇を狙った埼玉は序盤の出遅れが響いた。


2019年01月21日月曜日


先頭に戻る