宮城のニュース

大崎の耳より情報紹介 市が観光ガイドブック製作

世界農業遺産関連の情報を盛り込んだ新ガイドブック

 大崎市は2019年版の観光ガイドブック「大崎耳よりガイドブック」を発行した。従来の観光情報に加え、同市を含む「大崎耕土」の世界農業遺産認定について特集し、遺産関連ポイントを巡るモデルコースなども紹介している。
 ガイドブックはA5判で72ページ。鳴子、岩出山、古川、田尻、三本木、松山、鹿島台の7地域ごとにグルメスポットなどを紹介。世界農業遺産関連の地域を巡るサイクリングコースの紹介や、グリーンツーリズムや教育旅行のモデルプランなども掲載している。
 ガイドブックは6万部を製作し、市内の主な観光施設や総合支所などに置いてある。市は「観光客だけでなく地元の人にも活用してもらい、地域の魅力を発信してほしい」と話す。連絡先は市観光交流課0229(23)7097。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年01月24日木曜日


先頭に戻る