青森のニュース

<全国高校サッカー>青森山田が優勝パレード 寒風なんの街中が温かく祝福

市民が見守る中、優勝パレードする選手ら

 第97回全国高校サッカー選手権で2大会ぶり2度目の優勝を飾った青森山田のサッカー部が22日、青森市の中心部をパレードした。
 時折雪が吹き付ける中、同校吹奏楽部員ら約60人が先導した。地元の児童と手をつないだ選手25人は、新町通りを約300メートル歩いた。沿道からは「感動した」「おめでとう」と歓声が上がった。
 パレード後には市が優勝セレモニーを開催。児童との質疑応答など、選手が市民との交流を楽しんだ。
 同校サッカー部は同日、3度目となる青森県褒賞や、2度目の県スポーツ特別賞などを受賞。黒田剛監督(48)は「地元の応援を力にして戦うことができた。寒い青森で心温まる話題を提供できた」と話した。三村申吾知事は「県民にスポーツの素晴らしさを伝えてくれたことを感謝する」とたたえた。


2019年01月23日水曜日


先頭に戻る