宮城のニュース

「日本銀行庁職員」や警官装い詐取 架け子グループ新たに1人逮捕 宮城県警

 うその電話をかける「架け子」グループによるキャッシュカード詐取事件で、宮城県警捜査2課などは23日、詐欺の疑いで、埼玉県草加市、通信機器販売員新井達也容疑者(23)を逮捕した。
 逮捕容疑は別の男ら4人と共謀して昨年9月14日、埼玉県川口市のマンションから東京都台東区の専門学校講師女性(75)宅に「日本銀行庁職員」や警察官を装って電話し、「あなたの銀行口座からお金が引き出されている」などと偽り、キャッシュカード6枚をだまし取った疑い。県警は認否を明らかにしていない。
 同課によると、奪われた女性のカードから即日、計約280万円が引き出された。新井容疑者はグループが女性宅に電話をかけた川口市のマンションの契約者だった。県警は、共謀の男らの関与が疑われる別の事件に新井容疑者が関わっていないか調べる。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月24日木曜日


先頭に戻る