宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>新加入5選手会見 白木「成長した部分見せる」

会見で今季の抱負を語った新加入選手ら。左から隅田、白木、辛島監督、佐藤瑞、池尻、松井

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースは23日、仙台市のユアスタ仙台で、新加入5選手の入団会見を開いた。
 新戦力は、MF隅田凜(23)、FW白木星(22)、MF佐藤瑞夏(20)、GK池尻凪沙(22)、MF松井彩乃(22)。日本代表としてジャカルタ・アジア大会優勝に貢献した隅田は日テレから移籍、「1対1では負けない。仙台で結果を出し、代表にも食い込みたい」と意欲を燃やした。
 宮城・常盤木学園高出身で浦和から加入した白木は「裏への動きだしが長所。高校時代から、少しでも成長した部分を見せる」、千葉から加わった佐藤瑞は「クロスの質に自信がある。これまでけがが多かった分、仙台で成長したい」と意気込んだ。
 大卒新人も活躍を誓う。帝京平成大の池尻は「自分の能力を発揮し、先発争いに入る」、宮城・聖和学園高出身で東洋大の松井は「開幕から先発出場できるよう一日一日を大切にする」と、堂々と話した。
 今季から指揮を執る辛島監督は「昨季は残留争いに巻き込まれた。5人の力も合わせ、1年で巻き返す」と力強く語った。
 チームは会見に先立ち、仙台市の大崎八幡宮で必勝を祈願。会見後は、流れ星をイメージした新ユニホームを披露した。


2019年01月24日木曜日


先頭に戻る