岩手のニュース

<あおり運転>東北道で15kmにわたり接近・追い越し繰り返し追突させる 容疑の男を再逮捕、否認

 あおり運転で軽乗用車に追突して男性にけがを負わせたとして、花巻署などは23日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで弘前市町田2丁目、自営業小山内正樹容疑者(51)を再逮捕した。
 逮捕容疑は2日午後1時15分ごろ、花巻市の東北自動車道上り線で、前方を走行していた盛岡市の会社員男性(34)の軽乗用車に約15キロにわたって過剰な接近や無理な追い越しを繰り返し、運転する乗用車を追突させて背中などに軽いけがを負わせた疑い。容疑を否認している。
 容疑者は、路肩に停車した軽乗用車のヘッドライトを蹴るなどして壊したとして逮捕、起訴された。


関連ページ: 岩手 社会

2019年01月24日木曜日


先頭に戻る