秋田のニュース

<豪風>「充実した時間だった」笑顔の引退会見 今後は後進の指導に

記者会見する現役を引退した元関脇豪風の押尾川親方

 22日に現役を引退した元関脇豪風の押尾川親方(39)=本名成田旭、北秋田市出身、尾車部屋=が23日、東京都内のホテルで記者会見し「充実した素晴らしい時間を過ごさせてもらった」と笑顔で約17年の力士人生を振り返った。
 中大から入門し史上8位の幕内出場1257回、史上10位の幕内在位86場所と長く活躍。東十両12枚目の初場所は9日目に負け越しが決まり、引退を決めた。「理想としている豪風らしい相撲が取れず、体力、気力の限界」と説明した。
 長く現役を続けられた理由について「高い志や目標を持ち、それに向かって努力した。いろんな人の反対を押し切ってこの世界に入った。けがなんかで終わるわけにいかないという強い思いがあった」と語った。
 2002年夏場所で幕下15枚目格付け出しのデビュー。最初の一番で白星を飾った安馬(後の横綱日馬富士)戦と09年九州場所で巨体の把瑠都を押し出した相撲を思い出の取組に挙げた。
 今後は後進の指導に当たる。「精神的、肉体的そして勝負にも強い力士を育てたい」と意気込んだ。引退相撲は来年2月1日に両国国技館で実施予定。


2019年01月24日木曜日


先頭に戻る