山形のニュース

<結髪土偶>出土から90年、左足見つかる 山形大付属博物館、夏以降に接合へ

左足部分(右手前)が見つかった結髪土偶=山形市の山形大付属博物館

 山形大付属博物館(山形市)は、同館が所蔵する上半身のみの結髪(けっぱつ)土偶(縄文晩期)の左足部分が、寒河江市で見つかったと発表した。出土から約90年ぶりの発見で、今夏以降に接合を行う予定だという。
 結髪土偶は頭部が髪を結ったような形。上半身は高さ15センチ、肩幅16センチで、大正末期に寒河江市の石田遺跡で出土し、地元の地主だった故安達又三郎氏が所蔵。その後、県郷土博物館などを経て1952年に同大付属博物館に移された。
 足も同じく石田遺跡から出土し、安達家が保有していたが、誰も結髪土偶との関連に気付かず、安達氏の子孫が2015年に寒河江市に寄贈していた。
 寒河江市の出土品を調べていた郡山女子大短期大学部の会田容弘教授(考古学)が昨年7月、断面の状態や文様から足が結髪土偶の一部であることを指摘。市が11月に足部分を大学側に寄贈した。
 結髪土偶は今年夏にも石こうで復元した部分を取り除いた上で、今回見つかった足の部分を接合する。完了後には寒河江市で「里帰り展」が計画されているという。


関連ページ: 山形 社会

2019年01月24日木曜日


先頭に戻る