岩手のニュース

北上の連続不審火で子ども補導

 岩手県北上市和賀町の連続不審火で北上署は24日、器物損壊の疑いで県南部の子どもを補導したと発表した。同署によると、昨年11月23日〜今年1月15日、同町内でビニールハウスや屋外掲示物が焼けた火災7件について、子どもがライターで火を付けたと供述した。


関連ページ: 岩手 社会

2019年01月25日金曜日


先頭に戻る