宮城のニュース

除雪車と雪だるまの出番です 宮城県内の広範囲で降雪

雪だるまを作って遊ぶ親子=26日午前10時ごろ、仙台市青葉区の錦町公園

 低気圧が関東を通過する影響で宮城県内は26日、広範囲で雪が降った。未明には仙台市の平野部で今季初めて除雪車が出動した。
 仙台管区気象台によると、午前11時までの24時間降雪量は仙台7センチ、宮城県の大崎市古川6センチ、白石13センチなど。朝の最低気温は仙台で氷点下2.1度、石巻で氷点下3.1度、栗原市築館で氷点下3.6度など。
 仙台市から冬道管理業務を受託する業者によると、市内全域では約120台の除雪車が出た。太白区御堂平付近では午前5時35分ごろに作業が始まり、ひより台から八木山動物公園までの約3キロの区間で3台の除雪車が雪を取り除いた。
 管区気象台によると、26日の県内は冬型の気圧配置が強まるため曇りや晴れで、昼すぎから夕方にかけて雪の降る所があるという。27日は冬型の気圧配置が次第に緩み、晴れや曇りとなる見込み。
 仙台空港では午前10時の時点で、滑走路の除雪作業などの影響で国内線10便の欠航が決まった。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月26日土曜日


先頭に戻る