宮城のニュース

防犯活動に貢献 県警が感謝状 22団体と14人へ

遠藤浩幸生活安全部長(左)から感謝状を受け取る出席者

 宮城県警は22日、地域の防犯活動や少年の立ち直り支援に尽くした22団体と14個人に感謝状を贈った。
 おれおれ詐欺被害防止のチラシをデザインしたヒューマンキャンパス高校3年小形朱嶺さん(18)=仙台市宮城野区=は「高齢者にも情報が伝わりやすいように描いた。被害が減ればうれしい」と話した。
 他の表彰対象者は次の通り(敬称略)。

 【団体】キクチ、みやぎシルバーネット、県電機商業組合、生命保険協会県協会、穴吹コミュニティ東北支店、大京アステージ東北支店、ヒューマンアカデミー仙台校、三栄会、イオンリテール東北カンパニー、イオンモール、ティーガイア東北支店、県指定自動車教習所協会、アエル、サトウ、NTTドコモ東北支社、KDDI東北総支社、ジェットインターネット、NTT東日本宮城事業部、ランシステム、カジ・コーポレーション、登米コミュニティエフエム、加美商工会青年部
 【個人】菅原志郎、佐藤聡彦、宮原ブルノ真実、小山内琴星、村田祐二、佐々木利子、キニ・グレン・マンスフィールド、角田裕、曽根秀昭、宮沢光夫、新田博志、大槻裕喜、宍戸修


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月27日日曜日


先頭に戻る