宮城のニュース

恵方巻き作り、子どもたち一足早い節分体験 岩沼

恵方巻きを作る子どもたち

 岩沼市民会館で27日、恵方巻き作りと豆まきを体験する催しがあり、子どもたちが一足早い節分行事を楽しんだ。岩沼南小の子ども会育成会が主催した。
 同校の児童ら約65人が参加。卵焼きやかんぴょう、キュウリ、カニかまをノリと酢飯で巻いて恵方巻きをこしらえたり、鬼役の育成会スタッフに落花生を投げたりした。催しの最後に、全員で東北東を向いて恵方巻きを頬張った。
 5年阿部ゆいかさん(10)は「巻き方が崩れたけれど、恵方巻きがおいしかった。大勢でやる豆まきも楽しい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月28日月曜日


先頭に戻る